かしこいリフォーム業者選びと水回りリフォームの大百科

お悩み解決!水回りリフォームまるわかりガイド
  • お風呂リフォームガイド
  • キッチンリフォームガイド
  • トイレリフォームガイド
  • 洗面台リフォームガイド
  • ショールームレポート

水漏れ

ここでは、解決したい水回りのトラブルのうち、水漏れの原因や修理方法・対処法などについて紹介します。

百害の元!水漏れの原因は?

水漏れトラブルのわずらわしいところは、単に水が漏れてしまうだけにとどまらない点。

気づかずそのまま放置しておくと、木材であれば腐ってしまいますし金属であれば錆びてしまいます。梅雨どきともなるとカビの要因に、極寒期だと凍結損壊の要因にも。

そんな水漏れの原因は何なのでしょうか。

戸建住宅と集合住宅では多少の差違はありますが、給排水管の腐食・劣化などが原因であることが多いようです。

とくに、年季の入った築年数の住宅だと給水管・排水管の継ぎ目が劣化していることが少なくありません。

屋根からの雨漏り・水漏れなどは比較的発見しやすいのですが、水回りの配管の多くは床下やパイプスペース、天井裏など、ふだん目にすることのない場所に設置されています。

そのため、外見からは水漏れがないように見えても、実は内部でじわじわと被害を広げていることもあるのです。

外壁のひび割れなどからも雨水が浸みこみ、屋内に漏水することもあるので日ごろの家のメンテナンスは水漏れ予防には必要不可欠といえるでしょう。

また、水道の蛇口からの水漏れの場合は、ほとんどが経年劣化によるもの。

蛇口の寿命は約10~20年が標準。現在の蛇口がいつ設置されたものなのか把握しておくことも大切です。

もしも水漏れしたらどう対処?

前述のように、蛇口は寿命が長くても20年。それ以上か、少なくとも15年は経っているものならあきらめて付け替えるしかありません。

今現在は水漏れしていなくても、10年経てばパッキンは確実に劣化しています。

10年でパッキン、20年で蛇口そのものを交換するくらいの認識でいましょう。

「設置して数年しか経っていないのに水漏れする」というケースは、バルブの故障が考えられます。

ホームセンターやメーカーなどでバブルを購入し、自分で付け換えることもできますが、分解してみなければわからないこともあり、やはり業者に頼んだほうが無難かもしれません。

集合住宅での水漏れは、家主に修繕義務があります。すみやかに家主、または管理会社に直してもらうよう連絡してください。基本的に費用は家主負担ですし、管理費や修繕費などを毎月払っていれば問題ないはずです。

戸建住宅の場合は、水漏れの修理・修繕も火災保険でカバーできるケースもあるので、契約内容を確認し保険会社に相談してください。

信頼できる業者の水回りリフォーム費用を調査しました!

pagetop