かしこいリフォーム業者選びと水回りリフォームの大百科

お悩み解決!水回りリフォームまるわかりガイド
  • お風呂リフォームガイド
  • キッチンリフォームガイド
  • トイレリフォームガイド
  • 洗面台リフォームガイド
  • ショールームレポート

つまり

トイレをはじめとした水回りトラブルのうち、「つまり」に関する原因や修理方法などの情報をまとめています。

つまりはこれが原因!水回りのつまり

水回りのトラブルのなかでも、ことのほかやっかいなのが「つまり」。

お風呂の栓を抜いても流れが悪い、キッチンの流しがつまって洗いものもできない、洗面のつまりで悪臭が逆流してくる、などなど、水回りのつまりは心を萎えさせるものばかり。

なかでも深刻なのがトイレ。

みなさんは、用を足したあとトイレが詰まって水が流れない…、なんて恐ろしい目にあったことはありませんか?

家族が多ければ多いほどトイレは頻繁に使用する場所であり、しかも一度に多量の水を排泄物とともに流します。 それだけにつまりトラブルがもっとも発生しやすい場所なのです。

トイレのつまりの原因の多くは異物。とくにティッシュペーパーです。

基本的にトイレは、し尿とトイレットペーパー以外のものを流すことを想定していません。トイレットペーパーをきらしたからといって、水に溶けにくいティッシュを流すのはご法度。また、生理用品やオムツなどを流すのも絶対NGです。

トイレに流せるタイプのペーパークリーナーも、1枚、2枚程度なら問題ありませんが、「大掃除でたくさん使った」など一度に大量に流すとつまってしまいます。

一方、キッチンの流しのつまりは食べ残しや食材の端材などが原因。

目の細かい排水ネットを使い、毎日取り換えるようにすれば回避できます。

また、バスルームや洗面のつまりの原因は、髪の毛・体毛です。

排水口にヘアキャッキャーなどを設置したり、流れこまないよう小まめに取り除くようにしましょう。

つまってしまった!修理法は?

とはいうものの、どんなに注意していてもつまってしまうこともあります。

見えない部分だけに、ケアしきれないのはやむを得ません。

トイレをはじめとしたこれらのつまりに対しては、次のような対処をしてみてください。

  • 溶解剤でつまりの原因を溶かす
  • ラバーカップを使って吸い上げる
  • ワイヤーブラシで異物を押し込む・引き上げる
  • 高圧洗浄機で通りをよくする
  • 便器・排水パイプを取り外して除去

溶解剤は、お風呂、洗面の毛髪・体毛に効果的ですが、トイレに効果は期待できません。

ラバーカップとは、いわゆる「スッポン」のこと。常備している家庭もあるでしょうし、ホームセンター、スーパーなどで購入可能です。

ワイヤーブラシは硬度があるので多少強情な異物でも対処できますが、あまり力任せに使用すると排水口や便器をキズつける可能性があります。

これらで解決できれば問題ありませんが、解決できないケースが多々あるのが現実。

しかし、高圧洗浄機を家庭で用意するとなると現実的ではありませんし、取り外しとなると、もはや素人の片手間ではどうしようもありません。

そうなると、専門の業者にすみやかに任せたほうがいいでしょう。

業者に依頼するタイミングとしては、ラバーカップを試してみてダメだったとき。水回りの手当てには専門性が必要ですから、素人知識であまりいじくりまわして、患部をこじらせないように気をつけてください。

信頼できる業者の水回りリフォーム費用を調査しました!

pagetop