かしこいリフォーム業者選びと水回りリフォームの大百科

お悩み解決!水回りリフォームまるわかりガイド
  • お風呂リフォームガイド
  • キッチンリフォームガイド
  • トイレリフォームガイド
  • 洗面台リフォームガイド
  • ショールームレポート

人気商品をチェック

トイレ選びの際知っておきたい最新機能をはじめ、トイレリフォームの参考として、いま人気の商品3選を紹介していきます。

トイレ選びで押さえておきたい機能

一度設置してしまうと、トイレはなかなか取り替える機会はありません。あっても一生に一度、多くても二度といったところです。

新築などで取り付けられたばかりのトイレなら、なおのこと取り替えることはないでしょう。

ですから、最新のトイレについての知識は、意外と知らない人が多いものなのです。

しかし、リフォームを検討している方にとってはそうはいっていられません。

では、最新のトイレにはどのような機能がついているのでしょうか。

以前は、大1回あたり流すのに13~20リットルの水が必要でした。現在では節水面の技術が飛躍的に進み、ここ十数年で大1回の使用水量は4~6リットルに。

TOTOならトルネード洗浄、LIXILならパワードライブユニット、Panasonicならターントラップ洗浄と、各メーカーが少ない水で洗浄するしくみを開発したおかげで、半分以下に減っています。

節水と並び、掃除・手入れのしやすさも劇的によくなっています。

汚れがつきやすく掃除しにくかったフチをなくし薄くすることや、ウォシュレットが持ち上がって、掃除すること自体ができなかった裏側部分までお手入れができるようになりました。

流水もプラズマクラスターや除菌水、マイクロバブル・ミリバブルなどを使用し、トイレ内を常にクリーンに保つことができます。

また、人の動きをセンサーで感知してフタを自動で開閉する機能なども、いまでは珍しくないでしょう。

このように、トイレ選びにおいては、節水、掃除のしやすさ、快適さに注目してみるとよいのではないでしょうか。

気になるトイレリフォーム費用は?>>

人気トイレおすすめ3選

【TOTOネオレストAH/RH

TOTOの清掃・清潔、エコ、洗浄、快適機能を満載した先進トイレ。AHとRHの2タイプのデザインから選べる。AHは直線的なデザインでフルカバータイプ、RHは丸みをおびたデザインでラウンドタイプと個性がことなる。

さらにRHは、便座と便ふたのダブル保温による節電性能も。定価はAH・RHともに床排水型が371,520円~、壁排水型が393,120円。

【PanasonicアラウーノSⅡ】

モレガード、ハネガード、タレガードの3つの汚れガードに加え、激落ちバブル、スパイラル水流などの機能も備えた人気の全自動お掃除トイレ。ほこり、汚れが溜まりにくい設計・構造のうえ、有機ガラス系新素材自体が汚れをはじくので、お手入れもらくらく。停電時も手動で排水が可能。販売価格103,000円。

【JanisココクリンⅢ】

便器のフチが従来のものよりも薄いフロントスリムタイプなので、フチ裏に汚れもつきにくく、お手入れ・掃除も簡単。ボウル表面の凹凸をガラス質の透明な釉薬で凹凸をミクロレベルまでツルツルにしているうえ、流すと洗うの2つの水流を使いわけることで汚れをよせつけず、いつでも清潔。販売価格91,250円。

pagetop