かしこいリフォーム業者選びと水回りリフォームの大百科

お悩み解決!水回りリフォームまるわかりガイド
  • お風呂リフォームガイド
  • キッチンリフォームガイド
  • トイレリフォームガイド
  • 洗面台リフォームガイド
  • ショールームレポート

設備の選び方

トイレのリフォームガイドとして、ここではトイレ設備の選び方についてまとめていきます。

必要な機能だけがついたトイレを選ぶ

日常生活には欠かせず、その衛生性が特に求められる箇所がトイレです。

かつては「和式か洋式か」くらいでしかトイレを選べませんでしたが、いまでは洋式トイレひとつとってもそれぞれに個性があり、機能も異なってきています。

便器のみ一般的なトイレから、シャワートイレ一体型、収納一体型、タンクレストイレなどニーズにあわせて選択できるようになってきました。

もっとも違いが大きいのが、シャワー機能。

シャワー性能自体に各メーカーの差はあまりありませんが、自動で洗浄してくれる「フルオート便器洗浄」や、温風でスピーディに乾燥させて雑菌の繁殖を防ぐ「温風乾燥」など、機種やグレードによって付属機能は実にさまざまです。

手を触れることなくフタを開閉してくれる「フルオート便座」も衛生的ですし、センサーが人を感知して足もとと便座内を照らす「ほのかライト」もおすすめですが、「電気代のムダ」「勝手に開け閉めして煩わしい」という人もいるでしょう。

自分に不必要な機能がついているトイレは、一見よさそうでも思い切って選択肢から外すこともかしこい選び方です。

そうすれば、グレートを下げて出費を抑えることもできます。

また選択肢から外すという点では、タンクの上に当然のように設置されている手洗いの有無も、検討の余地があるでしょう。

トイレの個室内に別途手洗いがついているケースなどは、あえてトイレ自体に手洗いを求める必要はありません。

手洗いなしタイプなら見た目もスッキリしますし、タンクレスのものを選ぶこともできます。

排水位置も要確認

存外、見落としがちなのが排水位置。

排水管の位置が横なのか後ろなのか。横なら右なのか、左なのか。その位置によって、トイレ周囲のスペース配分が変わってきますし、場所によっては排水が邪魔で設置できないということも考えられます。

いま現在のトイレの排水位置を変えないのであれば、壁につながっているか、床につながっているのかを確認してください。

壁排水か床排水かで、自宅に設置できるトイレの種類も違ってきます。

トイレリフォームにかかる費用も調査しています>>

pagetop