かしこいリフォーム業者選びと水回りリフォームの大百科

お悩み解決!水回りリフォームまるわかりガイド
  • お風呂リフォームガイド
  • キッチンリフォームガイド
  • トイレリフォームガイド
  • 洗面台リフォームガイド
  • ショールームレポート

設備の選び方

台所・キッチンリフォームで知っておきたいポイントのなかでも、ここで設備(キッチン)の選び方についてまとめています。

プラン・サイズ・機能・デザインの順で選ぶ

リフォームで台所・キッチンを選ぶ際、まずはどの場所にどのように設置するかを決めなければいけません。

つまり、キッチンプランをどうするかということです。

キッチンプランには、一般的なI型のほか、対面型、L型、U型、アイランド型などがあります。あらかじめ水道や排水、ガスなどの配管位置を確認しておいてください。

そのうえでダイニング、リビングなどと調和のとれたデザインを選ぶといいでしょう。

「憧れのアイランド型にしたのに排水管が届かない!」なんてことになったら、元も子もありません。ふつうは、そうなる前に見積もり段階で業者さんが指摘してくれるでしょうが…。

キッチンプランが固まったら、次に動作性からキッチンのサイズを決めていきます。

使いやすいキッチンの高さは一般的に、身長÷2+5cmといわれており、無理のない姿勢で調理できるかショールームなどでチェックしてみてください。

「軽く腰を曲げた状態でにシンクの底に手が届く」「肘を曲げた状態で天板から肘まで15cm」も、高さを選ぶ基準のひとつといわれているので確認してみるといいでしょう。

使いやすいサイズが決まれば、あとは好みの機能性を選ぶだけ。

最近は収納力の高いキッチンや、掃除・お手入れのしやすいキッチンが増えてきており、予算にあわせて必要な機能をもったグレードを選択していきます。

カラーバリエーションがあるシリーズなら、インテリアとあわせてコーディネートすると楽しいものです。

キッチンは、毎日台所に立つ人の目線・動線で選ばなければいけません。

デザイン性もさることながら、やはり最優先されるべきは動作性と機能性。とくに、動作性が劣ると毎日キッチンに立つのがつらくなってしまいます。

どんなに機能性にすぐれていても、どんなにデザイン性が抜きんでていても、カウンターが高すぎたり低すぎたりすれば苦痛でしょう。

キッチン選びにあたっては、何より使う人にピッタリのものにすることが大切です。

台所・キッチンリフォームにかかる費用も調査しています>>

pagetop