かしこいリフォーム業者選びと水回りリフォームの大百科

お悩み解決!水回りリフォームまるわかりガイド
  • お風呂リフォームガイド
  • キッチンリフォームガイド
  • トイレリフォームガイド
  • 洗面台リフォームガイド
  • ショールームレポート
水回りリフォームまるわかりガイドHOME » リフォーム知っトク情報 » 介護保険・助成金を活用したリフォーム

介護保険・助成金を活用したリフォーム

水回りのリフォームについて知っておきたいお得な情報として、ここでは介護保険や助成金の活用について紹介していきます。

介護リフォームでも補助金

水回りのリフォームを考えている人のなかには、高齢の方やからだの不自由な病状の方と同居しているケースもあるのではないでしょうか。

そのような場合、介護保険を利用するとかしこくリフォームすることが可能です。介護保険には、介護リフォームに対する補助金や助成金制度があり、経済的な負担が軽くなります。

たとえば、高齢の親御さんがいたとしましょう。

その親御さんが車イスでの在宅生活を余儀なくされ、住宅の改修・リフォームが必要となると介護保険が適用されます。

介護レベルが「要介護」の1~5、もしくは「要支援」と認定されれば、生涯で最大20万円、もしくはリフォーム費用の9割を介護保険でまかなうことができます。

「介護と水回りリフォームって関係あるの?」と感じるかもしれませんし、「どうして介護保険が適用されるのか理解しにくい」と感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、家庭内の水回りは日常生活に密着しており、生活もままなりません。

トイレ、入浴などはその最たるもの。

車イスでも利用しやすいトイレに改修したり、足の不自由な人でも入りやすいお風呂に改修したりすることは、まさに水回りのリフォームです。

もし、要介護の方がいらっしゃるのなら、快適に暮らしてもらうためにも介護保険を活用することをおすすめします。

エコでもお得なリフォーム情報

 ですが、要介護の方と同居しているケースはどちらかというと少ないほう。

「わが家でも当てはまる補助金とかはないの?」という方のために、ハードルが低めの参考情報をご紹介しましょう。

エコリフォームを考えている人に使えるのが、「省エネ住宅ポイント制度」。

一定の省エネ性能があると認定された新築住宅やエコリフォームに、エコポイントがつきます。金額的に割引されるわけではありませんが、エコポイントでさまざまな商品と引き換えることができお得です。

水回りでいえば、節湯水栓、高効率給湯器、高断熱浴槽、節水型トイレの設置などがエコリフォームに該当します。

バリアフリーやエコリフォームなどを自己資金の一括払いした場合、所得税が最大20万円~25万円控除されることも知っておくといいでしょう。

また、分割払いなど一括払いでなくとも、5年間で最大60万円ほどの控除が認められることも。

詳しくは専門業者さんや行政窓口などに相談してみてください。

pagetop